自動車を手放す際にかかる費用 リサイクル費用とは?

自動車を適切に解体しリサイクルする為にかかる費用を前もって預託しておく制度が自動車リサイクル法で、それによって新車登録時に集められているのがリサイクル費用です。

具体的にはリサイクルが比較的容易で、資源として回収でき売却によって利益も得ることのできる金属部品などとは別のリサイクルの困難なシュレッダーダストの処理費用や、エアバッグの処理費用、エアコンの処理費用などを各メーカーが車種ごとに計算してその金額を集めています。

始まって既にある程度経っていますが、新車時に集めるだけでなく車検時にも集めていましたので現在利用されている自動車はほぼ全てリサイクル料金を預託してると言って良いでしょう。

こうやって集めたお金はその車が廃車され解体されるまでプールされ、解体業者が適切な処分を行ったと報告すると、解体業者へ解体手数料として支払われます。

金額は自動車により様々ですが、少ない物は数千円程度、多い物で5万円程度です。

一般的な国産乗用車では1万円から2万円程度の物が多いです。支払いは新車登録時に一度だけですが、自動車の維持費に必須な物と言えるでしょう。前納しているものなので手放す際にはかかりません。新車登録時にかかります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ