残価設定クレジットとは?

自動車を新規に購入する場合、ローンを組んで支払いを進めるのが一般的です。余裕のある人は、現金での一括払いをすることもできますが、たいていの人は、一括で100万円以上の支払いをするのは困難なので、ローンを組む必要があるのです。

少しでも支払いを軽くするために、借り入れる金額は少なくするように努力する必要があります。できるだけ、頭金として支払う金額を増やすのです。

近年、残価設定クレジットという方法を用いるケースが増えてきました。

これは、通常のクレジットとは異なる方法で、自動車の購入時によく利用されます。残価設定クレジットとは、最初に3~5年後の買取保証金額、すなわち残価を設定し、その金額を除いた金額を分割して支払っていくという方法です。

新しいタイプのローンとして、注目されるようになっています。

残価設定クレジットを利用する場合に気をつけなければならないのは、オーバーローンにならないようにすることです。

オーバーローンというのは、借り入れ総額が自身の借入限度額を超えている状態を指します。信用を大きく損なう状態なので、避けなければなりません。また、残債を増やしてしまわないようにするため、借り入れる金額は抑えるべきです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ