軽自動車の年間維持費の目安

維持費が安いと人気の軽自動車ですが、実際にどのくらいなのでしょうか。普通の軽乗用車の場合ですとどのくらいかかるのでしょうか。

まず税金ですが、軽自動車税がかかります。自家用の軽乗用車の場合、基本的に7200円です。ただしこれは最大1.5倍の範囲で市町村が増やせることなっていますので、市町村によっては、10800円の所もあります。

財政状態の悪い地町村ではまれにそうなっています。それから重量税ですこれは車検ごとに支払いますが、1年間の額だと3300円です。エコカーでは更に減税があります。

あと税金は燃料税のガソリン税と消費税がありますが、これはちょっと置いておいて、強制保険の自賠責保険があります、これも車検事に入るので、年額は出しにくいのですが2年間で26370円ですので、仮に年額13185円としておきましょう。

これが普通乗用車違う額で固定的なものです。1000ccのコンパクトカーでそれぞれ、29500円、8200円、13920円ですのでどのくらい安いか分かるでしょう。

これ以外の維持費は普通車とほぼ同じです。任意保険も1000ccコンパクトとそう大きく違いません。また駐車場代、燃料代などは同じと考えて良いでしょう。

高速道路通行料は二輪車と同じカテゴリーに入るので普通車の8割です。また全長4m以下ですので、フェリーに乗ったときにほとんどのコンパクトカーより安いです。

通常のメンテナンスの料金は普通車よりやや安いです。主に部品が安いのが理由で例えばタイヤ代などやや小さいので、その分だけ安く済みます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ