自動車を購入する際にかかる費用、登録手続き費用込み

自動車を購入した時にかかる費用は、自動車の車体価格だけではありません。
新車であれば、車両本体価格とオプション価格、それぞれに消費税が加わり、自動車取得税と重量税、自賠責保険料がかかります。

中古車の場合は、車両価格とそれにかかる消費税、車検が切れていれば取得税と重量税、自賠責保険料がかかります。
車検が残っていれば、車両価格と消費税のみとなります。

また、若干ですが、登録手続き費用もかかります。
エコカーであれば、自動車取得税と重量税はそれぞれ車種ごとに定められている割合に従って減税になったり、全額免除となります。

購入時にかかる費用としてはこれだけですが、自動車をずっと維持していくには、各種維持費がかかります。
車検が来る度に、重量税と自賠責保険料、それに検査費用がかかります。
運転していれば、ガソリンは減りますし、オイル類やバッテリー、エアコンガス、オイルエレメントやウォッシャー液などケミカル類の補充が必要です。

また、駐車場を借りているなら、駐車場代もかかります。
1年おきか2年おきに更新料がかかる場合もあります。

タイヤだってそのうち減って交換しますし、冬はスタッドレスタイヤやチェーンが必要です。
クルマの維持にはこうした費用がかかっています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ