ローンを残したまま車が全損 支払はどうすればいい?

オーバーローンの状態で自動車事故を起こした場合、ローン会社のほうに一括で残債の支払いをして事故車を廃車にすることができます。

まず一般的にローンを組んで自動車を購入した場合にはその自動車は厳密には自分のものではありません。

所有者はローン会社のものとなります。所有者が自分の場合でしたらローンを利用していても勝手に売ることができますはこの場合は稀です。

ローンを組むときにはローンをすべて完済するまでは車の所有権はローン会社のものという契約をしているからです。ですので廃車にしたくてもできないのです。

しかしローン会社のほうにすべての残債を支払うことによって所有権を自分のものにできます。これで廃車にする権利ができるのです。

ただしこの残債を支払うときには自分の手持ちのお金で支払う必要があります。
もしも手持ちがない場合には組み換えローンを利用することになります。

他の業者などからお金を借りるのです。そしてそのお金でローンをすべて支払います。
このような段階を踏まなければたとえ事故車であっても自由にできないのです。

任意保険などに入っている場合にはその保険金により残債の支払いができる場合がありますので必ず保険会社からどれだけもらえるのかを聞いてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ