ローンが残った車の売り方

自動車の購入は、現金一括とローンの方法があります。
自動車は、一度買ったら新車の場合次の車検まで3年間、中古車でもある程度の期間は乗ることが予想される商品なの、返済といっても毎月の利用料と思えばローンで購入も悪くない選択肢です。

ところで、車の買い換えの時、残債がない車ならば下取り額を頭金にすることができますが、残債が残っている車は、それを清算しないと売却することができません。

現金で一括払いもいいですが、車を手放すのにお金を支払う、また、買い替える次の車にもいろいろとお金は必要です。

そんな時、残債を新車のローンに上乗せすることをオーバーローンといいます。

自動車ローンは、自動車が担保ですが、それと同時に借りる人の返済能力も判断材料なので、オーバーローン=絶対無理ではありません。

たとえば、車のダウンサイジングで新しい車はコンパクトカーに、そんなときはオーバーローンで新車に買い替えても月々の支払額は今より少なくすることも可能です。

月々5万円の支払いがあと1年、合計60万円残っている車の残債を120万円の車に乗せて5年ローンにすれば、金利を含めるともう少し大きくなりますが、単純計算なら60万円+120万円=180万円÷60か月で毎月の支払いは3万円になります。

車の販売店、または自動車ローンの金融機関に相談してみては?

サブコンテンツ

このページの先頭へ